お知らせ

News

「豊島屋フェスタ」を開催致します

11月4日(日)11時~16時に、東京都東村山市の豊島屋酒造にて「豊島屋フェスタ」を開催致します。
これは年に一回、酒蔵が開催する秋のイベントで、そこでは新酒のみならず、様々な食をお楽しみいただけます。
また、ステージでは杜氏の演奏を始め、郷土芸能、洋楽など様々な催しが企画されています。更に、映画の上映、クラブ音楽など、普段の酒蔵とは異なる趣きを感じていただけます。
秋のひと時を、新たな感覚の酒蔵でお過ごしいただければ幸いです。
豊島屋酒造HP

「東京150年祭」に参加致します

10月27日(土)と28日(日)の二日間、浜離宮恩賜庭園で開催される「東京150年祭」に参加致します。
これは東京都が主催されるイベントで、本年が「江戸」から「東京」に改称され、東京府が開設されてから150年の節目であることを記念して開かれるものです。
ここでは、東京150年の移り変わりをプロジェクションマッピングで示す展示、様々な体験イベント、東京を彩る伝統の技の紹介等が行われます。
東京の価値を発信する「江戸東京きらりプロジェクト」に選定された江戸切子の華硝様と御一緒し、「江戸切子や江戸硝子で日本酒を楽しむ」をテーマに、江戸切子に注いだ弊社の日本酒をお楽しみいただきます。
(10月27日(土)13:00~14:30) 東京150年祭

シンガポールでのイベント(9/29)に参加致します

9月29日(土)、シンガポールで開催される「SAKE MATSURI SG 2018」に、弊社は参加致します。これは、本年から開かれるシンガポール最大の日本酒展示会で、約30社から200種類以上のお酒を一堂に集め、シンガポールの方々にお楽しみいただくことを目的としています。
弊社は、東京の地酒で唯一出展させていただきます。シンガポールの多くの方々に、東京のお酒をお楽しみいただき、興味を深めていただければ幸いです。 <SAKE MATSURI SG 2018>

神田明神様でのイベント(7/28)に参加致します

7月28日(土)、「江戸総鎮守」神田明神様で開催される「大江戸 東京 粋な酒祭り~Feel the Deep Tokyo~」に、弊社は参加致します。ここでは、東京産の全ての日本酒、伊豆七島の焼酎、そして食と酒器を一堂に集め、その魅力を粋に紹介されます。
大都会東京に伝統の日本酒や焼酎があることは、意外に知られていません。またそれら東京の酒に相応しい「東京の味」や「酒器」があることも、あまり知られていません。
日本産のお酒とその周辺文化を愛し、楽しみ、広く紹介をしていくことを旨とする(一社)日本のSAKEとWINEを愛する女性の会設立2周年記念イベントとしても開催されるこのお祭りに、多くの方々がお越しいただければ幸いです。 <「大江戸 東京 粋な酒祭り~Feel the Deep Tokyo~」>

豊島屋酒造にて「呑み切り一般公開」を行います

東村山市の酒蔵 豊島屋酒造にて、第16回「呑み切り一般公開」を行います。 通常のお酒の他に、鑑評会出品酒や限定酒等の、様々な秘蔵のお酒もお試しいただけます。 毎年多くのお酒好きのお客様にお越しいただき、お楽しみいただいております。 6/3(日)10:00~14:00 入場料500円(唎猪口付き) <豊島屋酒造 HP>

慶應義塾大学大学院にて講演させていただきました

4月13日(金)に、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科開設10年記念公開に、弊社社長吉村をお呼びいただきました。
吉田篤生先生(SDM研究所顧問)がモデレータとなられ、「『不易流行』に基づく老舗のビジネスモデル」のテーマの元、豊島屋の歴史、日本酒について、そして弊社が属する「東都のれん会」について、お話をさせていただきました。
先生、学生、一般の方々約200名に対し、特に「東都のれん会」会員店の典型例を御紹介し、芭蕉が唱えた「不易流行」の考え方と商いのあり方について、説明させていただきました。
参加者の方々との質疑も活発で、お蔭様で盛況の内に終了致しました。
<慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科開設10年記念公開講座>

日本橋三越本店様催事に出店致します

3月21日(水)から26日(月)の期間、日本橋三越本店様の本館7階催物会場で開催される「江戸東京 味・技めぐり」に、唯一の酒舗として出店させていただきます。
私共 豊島屋本店が属する「東都のれん会」の会員店を始め、江戸東京で商いを続ける様々な分野の約80店が集まり、各店の味と技を御披露致します。
会場では様々な趣向を凝らし、お客様がお楽しみいただけるようにしております。
お誘い合わせの上、どうぞお越し下さい。
<江戸東京 味・技めぐり>

歌舞伎座にて講演させていただきました

3月17日(土)に、高名な食文化史研究家に飯野亮一先生と筑摩書房が、共同で歌舞伎座にて開催される公開講座「大江戸味ごよみ」に、弊社社長吉村をお呼びいただきました。
今回、三月のお雛祭に関連して「豊島屋の白酒」のテーマの元、豊島屋の歴史、白酒の味わい、日本酒について、吉村がお話をさせていただきました。
文献に基づき、江戸時代の居酒屋豊島屋で供されていた「豆腐田楽」を再現いただき、白酒を始め、幾つかのお酒と共にお楽しみいただきました。
お客様方は江戸文化に非常に関心が高く、ほろ酔い気分で、皆様は笑顔でお帰りになりました。
<歌舞伎座 大江戸味ごよみ>

明治大学大学院で講義をさせていただきました

明治大学大学院グローバルビジネス研究科様MBAコースに青井記念ファミリービジネスマネジメント論という連続講座があり、10/7(土)に弊社社長吉村が「永続企業経営の原点」という題目で講義をさせていただきました。
ここでは、弊社の歴史、日本酒の解説、弊社の今後に向けた取り組み等についてお話をさせていただきました。
ファミリービジネスという観点から酒屋としての現状を捉え、将来に向けての方針をお伝えしたところ、お蔭様で学生さんに伝わる点が多いようでした。 <明治大学大学院グローバルビジネス研究科様>

豊島屋酒造で、6月4日(日)に「呑み切り一般公開」を行います

東村山市の酒蔵 豊島屋酒造にて、第15回「呑み切り一般公開」を行います。 通常のお酒の他に、限定酒等の様々な秘蔵のお酒もお試しいただけます。 今回、新たなお酒の御提案も致します。 毎年多くのお客様にお越しいただき、お楽しみいただいております。 6/4(日)10:00~14:00 入場料500円(唎猪口付き) <豊島屋酒造 HP>