ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、新緑の季節向けに飾り付けました。
テーマは「爽やかに空を舞う鯉のぼり、いよいよ登竜門へ」です。黄河の急流を登った鯉は龍になるという故事に則り、若葉の季節の爽やかな雰囲気を表そうと致しました。
お酒は、「金婚 純米吟醸」です。これは、米本来の旨味が感じられる、爽やかな味と香りが特徴のお酒です。
これから一層気温が上がるこの時期に、爽やかな風味のお酒で、ゆったりと過ごしていただければ幸いです。

第32回金婚会を行いました

3月13日(火)に、神田錦町の学士会館内「二色」様にて、第32回金婚会「春の旬菜と用いた寿司割烹と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。

「二色」様は、旬の食材を用いたお料理、そして江戸前寿司の美味しさで有名なお店です。産地を含めた食材の選定にこだわりを持たれ、鈴木料理長が作られる寿司割烹にはファンが多くおられます。会では春の旬菜を用いた素晴らしいお料理とお蕎麦、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。

お酒は、それぞれのお料理の特性を引き出すべく、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「大吟醸 金婚」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 おりがらみ」、「金婚 純米無濾過原酒 十右衛門」、「江戸の草分 豊島屋の白酒」をお出し致しました。お蔭様で皆様は笑顔でお帰りになり、楽しい早春の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

ウィンドウ012718

私共のショーウィンドウを、ひな祭の季節向けに飾り付けました。
テーマは「ほんのり頬を染めて~ひな祭」です。一年の内で最も寒いこの頃に、ひな祭のはんなりと温かい雰囲気を表そうと致しました。
お酒は、「江戸の草分 豊島屋の白酒」です。これは、ひな祭の白酒の元祖と言われるお酒で、江戸時代からの製法を守って醸された、自然な甘味をお楽しみいただけるお米のリキュールです。
これから少しずつ暖かくなるこの時期に、甘い季節の風物詩と共に、穏やかに過ごしていただければ幸いです。

白酒が出来上がりました

shirozake-1

江戸時代からの伝統を受け継ぎ、当時の味を伝える本年の「江戸の草分 豊島屋の白酒」が出来上がりました。
もち米、米麹と本格みりんを原料として用い、最後に石臼ですりつぶすという昔ながらの製法により、時間をかけて丁寧に仕上げました。
白酒の元祖として、多くの時代小説、歌舞伎等に登場し、桃の節句の頃の風物詩として知られております。
自然な甘味のお米のリキュールを、お楽しみいただければ幸いです。
炭酸等で割っても、美味しくいただけます。また凍らせてシャーベットにすると、お洒落なデザートとなります。どうぞ、お試し下さい。

<お買い求めはこちらからどうぞ>

第31回金婚会を行いました

やぶ仙様120717

12月7日(木)に、神田小川町の「やぶ仙」様にて、第31回金婚会「東京屈指の美味しいお店での年越蕎麦と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。
神田小川町にある「やぶ仙」様は、徹底して手打ちにこだわり、最高の「蕎麦の味わい」を楽しんでいただくよう努めておられ、名物女将様のおもてなしで、常に賑わっておられます。
築地直送の新鮮な素材を用いた素晴らしいお料理とお蕎麦、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。

お料理は、板わさ、玉子焼、刺身(鮪、鯛、サーモン)、鶏サラダ、鴨スモーク、牡蠣フライ、鶏もも串焼き、天ぷら(穴子)、蕎麦を御用意いただきました。また、女将様の御厚意で、ホタテのお吸物、赤魚の煮付けを、サプライズで御用意いただきました。
お酒は、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「金婚 しぼりたて無濾過生原酒」、「金婚 活性にごり酒」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門」をお出し致しました。

厨房を担当される旦那様は、ひたすら美味しいお料理作りに励んでおられ、若旦那様と共に、お客様に「価値」を御提供されておられます。
また、参加されたジャズボーカルの瀬戸カオリ様が御厚意で、素晴らしい歌声を皆様に御披露いただき、会を大いに盛り上げていただきました。
最後は神田一本締めで終わり、無事に終了致しました。

お蔭様で、女将様、ホールスタッフの方々の多大な御協力をいただき、会では会話が弾み、お客様は笑顔でお帰りになりました。皆様は、楽しい師走の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

ウィンドウ2017年11月2M

私共のショーウィンドウを、クリスマスの季節向けに飾り付けました。
テーマは「クール・メリークリスマス」です。年末の慌ただしい頃に、静かに時を過ごす雰囲気を表そうと致しました。
お酒は、「金婚 しぼりたて無濾過生原酒」です。これは本年の造りで一番早く出荷するお酒で、謂わば「日本酒のヌーヴォー」です。新酒の爽やかな味わいをお楽しみいただけます。
何かとせわしないこの時期に、少し立ち止まり、ゆったりと過ごしていただければ幸いです。

新酒が出来ました

杉玉110917

お蔭様で、今年の新酒「金婚 しぼりたて無濾過生原酒」と「金婚 活性にごり酒」が無事に出来上がりました。
これに伴い、小売店舗に掲げていた杉玉(酒玉)を新しいものに取り換えました。
新酒が出来上がったことをお客様に知らせるために行う、古来から伝わる習慣です。
緑色の杉玉が店先に掲げられると、新酒を求めて多くのお客様にお立寄りいただきます。

ウィンドウを飾り付けました

ウィンドウ610K

私共のショーウィンドウを、晩秋の季節向けに飾り付けました。
テーマは「黄金の刻(とき)に思いを馳せて」です。秋の夜長の晩に、時を忘れて杯を傾ける雰囲気を表そうと致しました。
お酒は「大吟醸 金婚」です。これは、弊社の最高級のお酒で、最高級の酒米を用い、蔵人が精魂傾けて醸したものです。香り豊かで、まろやかな味わいをお楽しみいただけます。
寒さが募り始めるこの頃、静かに刻を過ごしていただければ幸いです。

学士会館様での日本酒の会

学士会館二色様101317

10月13日(金)に、東京神保町にある学士会館 旬菜寿司割烹「二色」様にて開催された、「第四回 世界遺産和食と日本酒のペアリングを楽しむ会」にお呼びいただき、和食と日本酒の会を開いていただきました。
当日は、鈴木料理長が東京の食材にこだわられ創られた、素晴らしい和食のコースに合わせ、弊社の季節限定品「金婚 純米吟醸 ひやおろし」を始め、純米酒四種類を楽しんでいただきました。
見た目も美しい和食の味わいを、弊社の日本酒で下支えすることが叶い、学士会のお客様方に秋の一夜をゆったりとお過ごしいただきました。

第30回金婚会を行いました

レモン様100517

10月5日(木)に、神田駿河台の「トラットリア レモン」様にて、第30回金婚会「神田にたたずむ隠れ家のようなお店のイタリア料理と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。
御茶ノ水駅に程近く、昭和の頃「日本のカルチェ・ラタン」と呼ばれたその地域で、伝説的な喫茶店として有名だった「レモン」から生まれた、イタリア料理の名店「トラットリア レモン」様にて行いました。
食材本来の味を活かした金沢シェフのお料理には多くのファンがおられ、連日多くのお客様で賑わっておられます。今回、季節の食材を用いた素晴らしいお料理と、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。
お料理は、北海道産ホタテのカルパッチョ、酒粕入りバーニャカウダ、柿とパルマ産生ハムの盛り合わせ、アサリとムール貝のトロフィエ、カブのラザニア、茨城県産鴨ロースト、ピスタチオのパンナコッタを御用意いただきました。
お酒は、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「金婚 純米大吟醸 吟の舞」、新しいお酒「金婚 純米吟醸 江戸酒王子」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 直汲み」をお出し致しました。
金沢シェフは、お料理とお酒の相性を考えながら、御用意いただきました。特に、酒粕入りバーニャカウダは、それだけでお酒のつまみになり、多くの方々が絶賛されていました。
お蔭様で、お店の方々に多大な御協力をいただき、会では会話が弾み、お客様は笑顔でお帰りになりました。皆様は、楽しい中秋の一夜をお過ごしいただけたようです。