第35回金婚会を行いました

12月6日(木)に、神田小川町の「やぶ仙」様にて、第35回金婚会「東京屈指の名店での年越蕎麦と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。

「やぶ仙」様は、最高の「蕎麦の味わい」を楽しんでいただくよう努めておられ、名物女将様のおもてなしで、常にお客様で賑わっておられる名店です。
会では、豊洲直送の新鮮な食材を用いた素晴らしいお料理とお蕎麦、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。

お酒は、美味しいお料理の特性を引き出すべく、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 直汲み」、「金婚 しぼりたて無濾過生原酒」 、「金婚 活性にごり酒」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門」をお出し致しました。そして、御参加いただいた柳家小きん師匠に、素晴らしい小噺を御披露いただきました。

お蔭様で、皆様の多大な御協力をいただき、和やかな雰囲気の中、お客様は笑顔でお帰りになり、楽しい師走の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、クリスマスの時期向けに飾り付けました。
テーマは「吞みながら平成時代を振り返り語り合おう!そして未来への展望を」です。平成最後の年末の、慌ただしくも着実に流れる時の雰囲気を表わそうと致しました。
お酒は、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門」、「金婚 微発泡純米うすにごり生酒 綾」、「金婚 上撰」です。これらは、こだわりの純米酒、辛口の微発泡性日本酒、すっきりとした味わいの本醸造酒です。
年末に向かい、忙しい時期ではありますが、様々な味わいのお酒で、ゆったりとお過ごしいただければ幸いです。

第34回金婚会を行いました

9月25日(火)に、銀座4丁目の「銀座らん月」様にて、第34回金婚会「銀座での香道の学びに続く特選和牛のしゃぶしゃぶと江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。

今回、新たな試みとして、日本香堂様との特別共同企画で行いました。お線香「毎日香」で広く知られる日本香堂様の始祖に、高井十右衛門という香のクリエーターがおられました。弊社の創業者名も十右衛門であり、
「十右衛門」の御縁が会の実現に繋がりました。第一部では、銀座本社ビル内にある香間「香十庵」を特別に開放いただき、聞香をお楽しみいただきました。

第二部の「銀座らん月」様は、巴山料理長が選ばれた日本各地の贅沢な食材を取り入れ、味わい深い特選和牛のお料理で有名なお店です。銀座の真ん中に位置する一流店のお料理と、江戸・東京の酒と共に楽しんでいただきました。

お酒は、それぞれのお料理の特性を引き出すべく、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「金婚 純米吟醸 江戸酒王子 」、「金婚 純米吟醸 ひやおろし」、「金婚 純米吟醸 豊島屋十右衛門」、「金婚 貴醸酒」をお出し致しました。お蔭様で、会話が弾み、皆様は楽しい仲秋の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、晩秋向けに飾り付けました。
テーマは「芳醇な香りに酔いしれる秋の夜長」です。涼しい風が吹き、穏やかに流れる時の雰囲気を表わそうと致しました。
お酒は、「金婚 貴醸酒」です。これは、仕込水の一部に純米酒を用い、長期間熟成した日本酒で、芳醇な香りと、深い甘味が特徴の琥珀色のお酒です。
秋の夜長に、深く甘い味わいのお酒で、穏やかな気分でお過ごしいただければ幸いです。

ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、お月見の季節向けに飾り付けました。
テーマは「鈴虫のしらべに酔いしれる夜」です。まだまだ暑い日が続きますが、涼しげな風に鈴虫のしらべが流れる、静かな時の雰囲気を表わそうと致しました。
お酒は、「金婚 純米吟醸 豊島屋十右衛門」です。これは、スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫様とのコラボ日本酒で、味わい深く、キレの良いお酒です。
しっかりとした味わいのお酒で、豊かな時間をゆったりと過ごしていただければ幸いです。

第33回金婚会を行いました

6月27日(水)に、神田神保町の「新世界菜館」様にて、第33回金婚会「老舗中華料理店の上海旬彩料理と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。

「新世界菜館」様は、四季折々の旬の味覚をふんだんに取り入れた、まごころこもったお料理で有名なお店です。マスコミにもしばしば登場され、お料理の美味しさと格調高い雰囲気も相まって、常にお客様で賑わっている名店です。
会では夏の食材を用いた上海料理と、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。

お酒は、それぞれのお料理の特性を引き出すべく、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「金婚 純米大吟醸 吟の舞 」、「金婚 純米吟醸 江戸の華」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 直汲み」をお出し致しました。お蔭様で、終始和やかな雰囲気で、皆様は楽しい仲夏の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、暑い季節向けに飾り付けました。
テーマは「爽やかな辛口の夏」です。砂漠のオアシスで暫しの休息を取る合間における、ゆったりとした時の流れを表そうと致しました。
お酒は、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 直汲み(じかぐみ)」です。これは、搾った直後に瓶詰めし、アルコール発酵中に生じた炭酸ガスも詰めることで、爽やかな味わいが得られた辛口のお酒です。
暑さが続く中、発泡感のある爽やかな味わいの辛口のお酒で、涼やかに過ごしていただければ幸いです。

ウィンドウを飾り付けました

私共のショーウィンドウを、新緑の季節向けに飾り付けました。
テーマは「爽やかに空を舞う鯉のぼり、いよいよ登竜門へ」です。黄河の急流を登った鯉は龍になるという故事に則り、若葉の季節の爽やかな雰囲気を表そうと致しました。
お酒は、「金婚 純米吟醸」です。これは、米本来の旨味が感じられる、爽やかな味と香りが特徴のお酒です。
これから一層気温が上がるこの時期に、爽やかな風味のお酒で、ゆったりと過ごしていただければ幸いです。

第32回金婚会を行いました

3月13日(火)に、神田錦町の学士会館内「二色」様にて、第32回金婚会「春の旬菜と用いた寿司割烹と江戸・東京の酒の会」を行わせていただきました。

「二色」様は、旬の食材を用いたお料理、そして江戸前寿司の美味しさで有名なお店です。産地を含めた食材の選定にこだわりを持たれ、鈴木料理長が作られる寿司割烹にはファンが多くおられます。会では春の旬菜を用いた素晴らしいお料理とお蕎麦、江戸・東京の酒を楽しんでいただきました。

お酒は、それぞれのお料理の特性を引き出すべく、「金婚 純米うすにごり生酒 綾」、「大吟醸 金婚」、「金婚 純米無濾過生原酒 十右衛門 おりがらみ」、「金婚 純米無濾過原酒 十右衛門」、「江戸の草分 豊島屋の白酒」をお出し致しました。お蔭様で皆様は笑顔でお帰りになり、楽しい早春の一夜をお過ごしいただけたようです。

ウィンドウを飾り付けました

ウィンドウ012718

私共のショーウィンドウを、ひな祭の季節向けに飾り付けました。
テーマは「ほんのり頬を染めて~ひな祭」です。一年の内で最も寒いこの頃に、ひな祭のはんなりと温かい雰囲気を表そうと致しました。
お酒は、「江戸の草分 豊島屋の白酒」です。これは、ひな祭の白酒の元祖と言われるお酒で、江戸時代からの製法を守って醸された、自然な甘味をお楽しみいただけるお米のリキュールです。
これから少しずつ暖かくなるこの時期に、甘い季節の風物詩と共に、穏やかに過ごしていただければ幸いです。