豊島屋について

Brand

豊島屋について

brand

歴史

豊島屋(昭和より豊島屋本店)は東京において最古の酒舗で、慶長元年(1596)に創業者豊島屋十右衛門が、江戸の中心部神田鎌倉河岸で酒屋兼居酒屋を始めたのが起源です。

十右衛門は白酒作りを始め、その評判は江戸中に広まりました。白酒は甘いお米のリキュールで、当時の女性に大変御好評をいただきした。

江戸時代、豊島屋は関西から運ばれた「下り酒」を販売しておりました。 豊島屋はお酒を安く販売し、またつまみとして味噌を豆腐に塗った後に焼いて供する「豆腐田楽」を安く提供していました。田楽はお酒のつまみとして人気を博し、豊島屋は大変な賑わいだったと言われております。また豊島屋は、空いた酒樽を味噌屋等に販売して利益を出しておりました。これにより、豊島屋はお酒を安く販売することが出来ました。(豊島屋は日本における居酒屋のルーツとも言われております。)事業が拡大すると共に、豊島屋は幕府御用達となりました。

第12代当主吉村政次郎の時、明治時代中頃に豊島屋は清酒の醸造業を自ら手掛けるようになりました。 当初、蔵は兵庫県の灘地方にありましたが、昭和初期に政次郎は蔵を東京西部の東村山市に移設致しました。

大正12年(1923年)の関東大震災において豊島屋は店が倒壊しましたが、鎌倉河岸付近の美土代町にて再建を果たしました。しかし、豊島屋はまたしても不運に見舞われ、昭和20年(1945年)の東京大空襲で店は全焼致しました。その後、豊島屋本店は同じ場所で再開を試みましたが、連合国軍に接収されたため、再開は叶いませんでした。そこで豊島屋本店は再度場所を移し、現在の地である神田猿楽町にて再開致しました。

豊島屋本店は、酒蔵を別会社として分社化し、豊島屋酒造株式会社を設立致しました。また接収解除後、豊島屋本店は元の美土代町の地にビルを建築し、有限会社豊島屋ビルを設立致しました。

酒蔵では、清酒、白酒、味醂を作っております。私共の清酒「金婚」は全国新酒鑑評会にて幾多の金賞を受賞しており、有名な明治神宮様、神田明神様に唯一の御神酒としてお納めさせていただいております。

現在、豊島屋本店は、お蕎麦のつゆに欠かせない醤油と味醂を扱う商社としても事業を進めており、東京で最大規模となりました。私共は、質の高い商品をお客様にお届けすることで、日本における食の流通に貢献していきたいと考えております。

これまで豊島屋は、創業以来お酒を核として事業を進めて参りましたが、その間、口伝の家訓である「お客様第一、信用第一」を常に守って参りました。豊島屋の行動規範は「不易流行」で、これまで守るべきものは頑なに守り、変えるべきものは大胆に変えて参りました。


ミッション(経営理念)

豊島屋本店は、上質な酒と食品を通じてお客様に価値を提供し、食文化の発展に貢献します。


口伝の家訓

お客様第一、信用第一


行動規範

「不易流行」
守るべきもの(不易)は頑なに守り、変えるべきもの(流行)は大胆に変える。


豊島屋にまつわる逸話

白酒誕生秘話

ある夜、豊島屋十右衛門の夢枕に、紙雛様が立って、白酒の作り方を伝授しました。十右衛門が、その通りに作りますと美味しい白酒が出来たとされました。
十右衛門は、桃の節句の前に売り出しました。すると、その美味しさが大いに江戸中の評判になり、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるまでになりました。

『江戸名所図会』

history-img-01

江戸後期の天保七年(1836)、斎藤家の人々が『江戸名所図会』を編纂致しました。これは、絵師の長谷川雪旦が20巻に亘り、江戸の名所を描いたものです。その1巻目に、豊島屋が白酒を販売する様子が描かれています。
ここでは、「鎌倉町 豊島屋酒店白酒を商ふ図  例年二月の末 鎌倉町豊島屋の酒店に於て雛祭の白酒を商ふ 是を求めんとして遠近の輩黎明より肆前に市をなして賑へり」と説明され、その繁盛ぶりが鮮明に描かれました。

江戸の華、豊島屋の白酒

この『江戸名所図会』には、多くの人々が白酒を買い求めに来ている様子が描かれています。櫓には医師と鳶職を待機させ、白酒を求めに殺到する人々が怪我をした場合に備えています。また、店の前に大看板を立て、白酒売出しの時は「酒醤油相休申候(酒と醤油の販売をお休み致します)」と大書きしてあります。初春(2月)の白酒の売り出し日には、1,400樽という膨大な量を売り上げたと伝えられています。「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるほど、豊島屋の「白酒」は江戸の名物となりました。

こうした豊島屋の風景は、広重の『絵本江戸土産』、及び『狂歌江都名所図会』等に描かれました。このように豊島屋の歴史は、日本の文化史のひとコマでもあります。